簡単に使えるからこそ、使用額に注意しよう

クレジットカードは本当に簡単に使うことができます。
お店で買物をする時にクレジットカードを使いたいのであれば、クレジットカードを渡すだけでよいです。
そうすれば、そのお店がクレジットカードでの支払いに対応をしているのならば、買い物を一瞬で済ますことが可能になります。
限度額までならば、いくらでも使うことができます。
少し高い買い物をする時であっても、わざわざリスクを背負って現金をお店に持っていかなくても、クレジットカードで自動的に銀行の口座から引き落とししてもらえます。

クレジットカードというのは、このように気軽に使用することができるのですが、だからこそ使う時には慎重になる必要があります。
というのは、クレジットカードは簡単に使えるので、ついつい使用額のことを気にしなくなってしまうことが多いからです。
限度額まで使えるといっても、限度額というのは、あなたの貯金の額のことではありません。
クレジットカード会社がそれぞれ自由に設定している金額になっています。
よって、あなたの銀行口座にお金が無かったとしても、クレジットカードでは限度額まで使用をすることができるようになっています。
高い買い物の場合は分割で支払うことが可能なので、貯金が全て無くなってしまうような心配はないでしょうが、それでも一気にお金を持っていかれることになる可能性があります。

現金であれば、その時持っていたお金の範囲で買い物をする必要があります。
そうすることによって、自動的にお金を節約しようという気持ちがあなたの心のなかに湧いてくるはずです。
クレジットカードではこのようなわけにはいかないので、現金で買い物をしている時よりも、さらに自分でお金を管理するということに気を使う必要が生じてきます。

クレジットカードは便利なので、様々な場面ですぐに使ってしまうことが多いでしょうが、お金の管理は自分でしっかりと行うようにしましょう。
そうしないと、後悔することになります。

Copyright (C) 簡単決済 All Rights Reserved.