クレジットカードは一種のステータスとも言える

世の中にはこれさえ持っていればその人が認められるような物というのが存在しています。
そういった種類の物は色々とあります。
一部の人間にしか持つことが許されていないような物は、その人にとっては一種のステータスとなるでしょう。
そういう物を自分が持っているということによって、その人が社会的に信用されているという証にもなるのです。
社会人として認められるような人間になりたいと思うのであれば、そういうステータスを求めるようにしましょう。

さて、現代の日本で、社会人にとって一種のステータスとなりうる物にクレジットカードがあります。
クレジットカードというのは一種の信用取引なのです。
クレジットカード会社が、この人であればカードを発行しても良いと認めた人間にしかカードは発行されないのです。

さらに、そのクレジットカード自身にグレードがあります。
そのグレードによって、その人のステータスが決まると言ってもよいでしょう。
普通のカードしか持てない人は普通のサラリーマンであるということになります。

しかし、クレジットカードを持つことができるというだけで、一応支払い能力があると認められているわけなのですから、社会人としては認められていると考えてよいでしょう。
しかし、もっと上のステータスを目指したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードの中でもゴールドカードやプラチナカードを持つことができるようになれば、それはかなりのステータスであると言えます。
自分が普通の人間たちよりも、更に上の年収があるという証になるのです。
ゴールドカードやプラチナカードを持っている人の中には、自分がそのカードを持てるということに対して、かなりの優越感を持っている方も多いのではないでしょうか。

自分のステータスを高めたいと考えている方は、是非ともクレジットカードを持つようにしましょう。
それによって、他人に自分のステータスを示すことができます。

Copyright (C) 簡単決済 All Rights Reserved.