クレジットカードはローンカードと違う?

クレジットカードやローンカードを持っている人は多いでしょう。
どちらか1つだけを所持している方もたくさんいると思います。
しかし、これらのカードを持っている方であっても、この2つのカードが具体的にどのような違いを持っているのか理解をしている方は少ないかもしれませんので、ここではクレジットカードとローンカードの違いについてを説明しましょう。

まず、大きな違いとしてはクレジットカードでは買い物ができます。
しかし、ローンカードでは買い物ができません。
ローンカードというのはあくまでもお金を借りるために使うことができるだけなのです。

一方で、クレジットカードは買い物をする時にカードを使用することによって、後で自動的に口座からお金が支払われることになります。
よって、日常的に気軽に使用することができるのはクレジットカードの方です。

また、クレジットカードでお金を支払ったとしても、ほとんどの場合は金利がかかりません。
あくまでも、クレジットカード会社と使用者との間で信用関係が結ばれているので、金利をかける必要がないのです。
では、クレジットカード会社はどこで利益を上げているのかというと、クレジットカードの会員費や、リボ払いなどで金利がかかる払い方をした場合の金利などで利益を上げています。

一方でローンカードというのはお金を借りることができるのですが、その時には当然金利がかかります。
現金を手に入れることができますが、後でそのお金は返す必要があるのです。

また、クレジットカードにはキャッシング枠というものがあります。
この枠以内の額でしか買い物をすることができません。
一方ローンカードのほうがお金を借りることのできる額は大きいですが、それだけ後で負担になることになります。

この2つのカードの違いをよく理解しておきましょう。
基本的には、クレジットカードさえ持っていれば用は足ります。
持っていて損をすることはなく、便利で得をすることばかりなのです。

最近ではカードが利用できる施設が多くなってきています。
公共料金や光熱費、毎月の携帯代をカード払いにしてポイントを貯めている人もいますし、
子供の教育費を貯めるために利用する人が多い学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.cc/
などもカード払いが可能になってきているそうです。
毎月必ず支払のある光熱費や学資保険などは、支払う金額が変わらないのにポイントの有無が出てくるわけですからカードを利用する方がお得だと分かります。

Copyright (C) 簡単決済 All Rights Reserved.